Skip to content

東京に暮らしている方々へまずは家族葬とは何かをご説明します

生活スタイルや価値観の変化にともなって、お葬式に対する考え方も変わりつつあります。近年、東京を中心とした都市部で家族葬という葬儀の形態が増え、浸透してきています。言葉の通り、同居の家族やごく身近な身内だけで行う葬儀の形ですが、社交辞令的な参列を拒否して小規模な式にできるため、経済的にも精神的にも遺族の負担を減らせるメリットがあり、ある程度自由にカスタマイズできることから、余計な儀式を省略することでかかる日数を短縮できることもあります。しかし、東京から広がっている合理性が高いこの葬儀の形態が遺族側に浸透してきているのとは裏腹に、参列する側にはまだまだ知名度が低いのが現状で、どのようなものか知らなかったり、参列する場合にどのようなマナーがあるのか戸惑うことも多いでしょう。

葬儀を行う側が注意しなければならない点

家族葬は、参列者を限定してコンパクトに行えることと、会場費や返礼品にかかる費用を抑えられるというメリットも大きいですが、故人との思い出を共有できる少人数の親しい人たちだけでゆっくりとお別れができるということが、遺族がこの形式を選ぶ一番の理由でしょう。明確に決まったルールが無いので、ある程度自由に式の内容を決められるため、故人や遺族の希望に添った形で行うことができます。ただし菩提寺がある場合はお寺とよく相談する必要があり、独断で通夜や読経を省略してしまうと、お寺に納骨を拒否されてしまうおそれがあります。これは、通夜などの儀式には供養やお清めなどの宗教的な意味があり、お寺にとって重んじられることだからです。自由葬にできる場合には、火葬場で見送るのみという遺族もいます。また、東京では浸透してきていますが、地方に住む親族に理解してもらうことも重要です。

葬儀に参列する立場のマナーと注意点

知人や友人に不幸があり、その葬儀が家族葬で行われるという場合、マナーについて戸惑う方も多いでしょう。原則的に、明確に参列をお願いされていない場合には、参列してはいけないことになっています。お世話になった方だった場合には、どうしても弔意を伝えたいと思われるかもしれませんが、家族葬には返礼品が必要になるようなものは送ってはならないというマナーがあるので、何も送るべきではありません。もしも特別にお願いされて参列するという場合のマナーは、基本的に一般葬に参列する場合と同じと考えて問題ありません。香典はお断りされることが多いですが、案内状に明記されていない限りは用意して行きます。服装も一般葬と同じように、ダークスーツや喪服で参列し、数珠も持って行きます。

首都圏の葬儀場情報から、なかなか知る機会のない葬儀費用の仕組みまで、役立つ情報をわかりやすくまとめています。 当社では、WEB上からの資料請求やお問合せを承っている他、ご葬儀費用に関する無料見積りも承っています。 当社では、まごころのこもった葬儀をモットーに日々努力しており、お客様に満足していただけるように様々なサポートを行っています。 東京で家族葬を行われる際は【富士典礼】へ