Skip to content

東京エリアの家族葬の近年の動向や傾向などについての解説

近年、東京を中心とした都市部では、葬儀を家族葬で行う家庭が増えています。文字通り家族だけで行うという形式のお葬式ですが、参列者を近親者に限定できるため、金銭的にも精神的にも遺族の負担を減らせる合理的なメリットと、家族が故人とのお別れをゆっくりとできるという心持ちの部分でのメリットがあります。故人が高齢であるため呼ぶ方がいない、親戚やご近所とのつきあいがない、といった理由から選択される遺族もいます。お葬式は古くから続く儀式ですが、宗教観や生活スタイルの変化、価値観の多様化によって、昔ながらのお葬式の形では現代人の生き方にマッチしなくなってきているのではないでしょうか。この先ますます需要が高まっていく形式であることは間違いありませんが、東京ではもう既に新たな進化を見せ始めています。

コンパクトな一般葬としての家族葬

家族葬は近親者だけで行うことや、少人数の式なので小さな会場でできること、形式張った儀式を省略できること、費用を抑えられることなどから、コンパクトでシンプルなお葬式と言われています。基本的には、誰を呼ぶか何をするかは全て喪主が決められます。ただし、菩提寺がある場合はお寺とよく相談して決める必要があり、独断で必要な儀式を省略してしまうと納骨を断られるおそれがあります。先祖代々のお墓に納骨するのであれば、式の内容は一般葬と同じく、通夜、葬儀、出棺、火葬、納骨と、通常通りに行わなければいけません。通夜には供養とお清め、葬儀にはこの世からあの世へ渡るという宗教的な意味があるため、仏式のお葬式で省略することはまずありません。香典や供花など、返礼品を用意しなくてはいけないものは断るケースが多いです。

多様で自分らしいお葬式としての家族葬

今では多くの葬儀社が近親者だけで行うコンパクトな葬儀や、費用を最小限に抑えたパック料金でのプランを用意しています。東京では今、コンパクトな葬儀というところからもう一歩進んで、いかに自由で自分らしく行うかというところまで来ています。墓じまいという言葉が聞かれるように、先祖代々のお墓に入り、次の世代が継承していくというシステムはもう破綻しつつあります。そんな状況の中で、お墓に入りたくないという方も増えており、散骨や樹木葬などを選択するケースもよくあります。お墓に納骨しないのであれば、仏式の儀式にこだわる必要もありませんので、そういった方の場合にはお寺への連絡も不要で、僧侶の読経も戒名も要らず、火葬以外のことは全て自由に行えることになります。このような宗教に縛られない葬儀を自由葬といい、自由葬に特化したプランを提案している葬儀社も出てきています。